読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームエッセイ・映画解説blog

最近は、モンハンXXエッセイメインで書いてます!

モンハンダブルクロス三人狩り日記③

3月25日は兄貴の誕生日!←唐突。

でも、このエッセイで書くのは3月26日にあった出来事なので、兄貴の誕生日はすぎちゃてます!残念!←何が?

 

てな訳でして、モンハンエッセイ3回目になります!

 

もう3回目か、昔書いてた頃より更新速度が早いなwww

まあそれだけ3人で遊ぶのが楽しいって事なんだろうねwwwマルチプレイ最高!

 

マルチプレイ最高・・・うん。マルチプレイ楽しいよね?きっとこのエッセイを読んで下さってる方たちも、普段はローカルマルチや、今や1家庭に当たり前の様に設置されているWi-Fi等に3DSを繋いで、オンラインでマルチプレイを楽しんでいるかと思います。

 

でもね?オンラインでマルチプレイするのって大変なんですよ?

今回はそんなオンラインでゲームを遊ぶ為に起きたある出来事を話したいと思います。

 

ーーその日、俺の仕事が昼頃に終わり。帰宅する合間にスマホを確認すると、笹原さんから「今日お仕事早く終わるの?早く終わるならモンハンやろうよ!」と、マルチプレイの御誘いがLINEに届いていたのだ。

 

これを確認するや否や、俺は更に帰宅する足を早め。車に飛び込み。「仕事倒した!今から帰宅して昼飯食べたら遊べます」と返信し、急いで家路に着いた!

 

日曜の昼間っからモンハンが遊べるなんて、良い世の中になったもんだ!

これも、社会にネットワークが広がり遠くの人とも繋がる事が気軽に出来るようになったお陰である。ありがとう!ネット社会!!

 

と、俺が良く分からないネット社会への感謝をし、直ぐに昼飯を作って平らげLINEを開き「遊べますぜ!」と準備が出来た事を二人に伝えた。

すると、直ぐに「じゃあトーク(通話)しようぜ!」と笹原さんが返事が入り。いつも通りにLINE通話に繋いだ。

 

「お疲れっす!」

 

「おつおつ!」

 

「兄貴、ハッピーバースディ!腰大丈夫っすか?」

 

「超痛てぇwww

 

と、各々お決まりの挨拶を交わし、最後に兄貴の腰の容態を確認すると、やはり昨日の今日では腰痛が治るわけも無く。兄貴は一人、腰とのダメージに苦しんでいた。

 

何やら、昨晩から痛みだしたらしく。本当なら笹原さんと兄貴はメカトロウィーゴとモンハンのイベント等に行く予定だったらしいのだが、先に言った通り兄貴は激しい腰痛が来てしまった為、外出はキャンセルとなった。

結果、こうやって昼間に皆でモンハンが遊べるので、兄貴には悪いが俺は内心喜んでいた。

 

・・・しかし、そんな喜びはつかの間に我々はネットワークの恐ろしさを知るのである。

 

「部屋(集会所)作ったから来て良いよ~」

 

そう俺が言うと、二人は「今行く!」「えっと、パスワード何番だっけ?」等とまだクエストが始まってもいないのにわちゃわちゃ騒ぎながら集会所に集まって来た。

 

「今日はどうする?」

 

そう聞く兄貴に、「とりあえず兄貴以外のハンターランクを2に上げちゃおうぜ」と提案。すると、笹原さんは嬉しそうに「上げちゃおう!上げちゃおう!」と喜びの声を上げ、兄貴は「だね!俺だけランク2だと☆2クエ行き辛いしな!」と快く承諾してくれた。

 

となると、狩る相手は前回同様のドドブランゴさん!

まあ、流石にもうなれてきたので負ける事は無いだろう。そう意気込んで、先ずは笹原さんのランクを先に上げちゃおうと、緊急クエを受注してもらい。我々は再び雪山へと向かったのだ。

 

「さ!ちゃちゃっと討伐しちゃおうぜ!」

 

そう言い、次いで「ドドブランゴはエリア6に居ます」と、至急品ボックスでアイテムの奪い合いをしている二人に伝えた。

すると二人は鼻息荒く「あ!私の地図、兄貴に取られた!」や「ホットドリンクいただくぜ!」等と、実に気合いの入った返事を返し、クエストへの意気込みを感じさせた。

 

・・・いや、アイテムの奪い合いの意気込みは聞いてねぇーよwww

 

で、まあ一通りアイテムをポーチに詰め込んだ二人は、「エリア・・・何番だっけ?」「エリア8じゃね?」等と、見事な迄に人の話を聞いて無く。再度「エリア6っすよwww」と伝えると、脱兎の如く俺を置いてエリア6へと向かったのだ。置いてくなしwww

 

因みに、何故俺がまだペイントボールも付けてない筈のプレーンなモンスターの位置を把握しているのかと言うと、装備スキルに“自動マーキング”を発動させているからなのである。

様はカーナビみたいな物なので、目的地(大型モンスター)の所在地を勝手にナビタイムしてくれるスキルと考えてもらえば分かりやすいかと。

 

なんて、スキルの説明をしている間に、ドドブランゴとの戦闘は開始していた。

・・・何故か俺一人でwww

 

「ちょっとwww何で後方支援のガンナーが誰より先に最前線で戦闘開始しちゃってるのよ!」

 

「すまんハチミツが」「すまん道間違えた」

 

「理由www理由が酷いwww

 

なんて、相も変わらずの自由なプレイで遊ぶ二人に(笹原さんのは天然ボケ)、俺はゲラゲラ笑いながら「はよ来てちょwww」と、荒ぶるドドブランゴと立ち会いながら二人に請求した。

 

それから、数分も待たずに笹原さんが戦闘に参加し、次いで兄貴も合流。よし!じゃあ一気に攻め立てるぞ!そう行き混んだ矢先、事件は起きた。

 

「あれ?!俺以外の皆が落ちたんだけど?!」

 

「へ?」「は?」

 

突然、兄貴の俺達が“落ちた”発言に、一瞬何の事を言っているのかと思った瞬間。あの文章が俺と笹原さんのモニター画面に映ったのだ。

 

ーー兄貴が集会所から抜けました。

 

「またかよおおおおおおおおおお!!!www

 

「兄貴いいいいいいいwww」

 

まるで前回のリプレイを見ている様で、またしても兄貴のキャラクターはマルチプレイから一人抜け出し、単独で荒ぶるドドブランゴと対峙していたのだ。

 

しかし、今回は兄貴だけでは無かった。

 

ーー笹村さん(笹原さんのキャラ)が集会所から抜けました。 

 

「えっ?!」「あれ?!私も!?」

 

兄貴が落ちてその数分後。続いて笹原さんもソロプレイに向かってしまったのだ!

前回は兄貴だけだったのに、今回はまさか夫婦仲良くソロプレイ!おいおい!マルチプレイしろよ!www

 

で、結局全員がドドブランゴとソロで戦う羽目となり。兄貴は早々にリタイアし、笹原さんは「もう少しで倒せる気がする!」と、流石に自身のランクアップがかかっているからか、気合い充分にドドブランゴとソロで対峙。俺も、最早ただの討伐クエになってしまったがソロでドドブランゴと対峙した!

 

それから数分後。先にドドブランゴを討伐したのは気合い充分の笹原さん!それから数分後に、苦しくも1落ちを献上してしまったが俺も無事にドドブランゴを討伐し、クエストを終らせた。

 

結果、笹原さんは無事にハンターランクを2に上げる事に成功!

残るランク上げは俺だけとなった。

 

「じゃあサクッとカッチョのランク上げ済ましちゃおう!」

 

そう笹原さんが言い、兄貴も「サクサクやんべ!」と盛り上げ。俺はルンルン気分で自分の緊急クエを受注した。

 

「また通信状態が悪いみたいだからさっさと倒しちゃいましょう!」

 

そう皆を鼓舞し、「目標討伐タイムは5分!」等と、下位装備の俺達では到底無茶な目標タイムを上げていると、クエスト開始早々に兄貴が集会所から抜けたのだ!

 

・・・って!ちょっwwwwwwまだ何も始まって無いのに、いきなり落ちるって気が早いわwww

 

「兄貴wwwwww」

 

「まって!俺まだ何もしてないんだけど?!」

 

「wwwwwwwww」

 

もうこの時の兄貴の慌て方が面白くって、面白くって、まー笑ったねwww

で、結局このクエストは兄貴が直ぐに抜けてしまったのでリタイアする事になった。

 

そして、集会所に戻るや否や「ちょっとネット回線変えてみるわ」と、あまりに良く落ちる自身のネット回線に嫌気がさした兄貴はそう言い。しばらくした後に別の回線に繋げた兄貴が集会所に集合。で、集合するや直ぐに「ちょっと回線の状況確認したいから一端採取クエで実験していい?」と提案して来たので、我々とて兄貴の接続状況が改善されるのは願っても無い事なので、断る理由も無く。

 

「おけー!」

 

と、快く承諾。採取クエでの回線状況の確認が始まった。

 

・・・そして、ここからが悪夢の始まりだった。

 

回線実験一回目。

クエストが始まり、その数分後に兄貴のキャラクターがログアウトして実験失敗に終わる。兄貴発狂。俺ら爆笑。

 

回線実験二回目。

また、別の回線に変えてログインをするも、クエを受注する間も無く兄貴ログアウト。兄貴発狂。俺ら爆笑。

 

回線実験三回目。

次は笹原さんも試しに別の回線に変更しての実験。結果、二人ともログアウト。兄貴と笹原さん発狂。俺は苦笑。

 

回線実験四回目。

兄貴パソコンで3DSのネット不慮を調べ始める。その間に笹原さんはトイレに向かい。田中は独り言をブツブツと呟き兄貴失笑。

 

回線実験五回目。

再度。別の回線にやらルーターやらを変えてログイン。集会所で何分持つか実験した後、採取クエに向かう。結果、数分後にまたも兄貴のみログアウト。兄貴はやる気を無くした。

 

と、この後も何度か色々と試してはみたのだが、どれも成果が出ず。全て二人が契約しているネット会社のジェイコムが悪いという事で落ち着いた。←酷い

おのれジェイコム!許すマジ!!←←ただの八つ当たり

 

結局、ネット状況が安定しない為、昼間のマルチプレイは断念する事となり。我々は1度、解散した。

 

「カッチョごめええええん!」

 

「すまん!折角昼間っから沢山遊べると思ったのに!くそぅ!」

 

「楽しいネタ(エッセイの)あざーすwww」

 

「wwwwwwwwwwww」

 

と、まあマルチプレイはあまり出来なかったが、ネタとしてはかなり美味しかったので、ある意味楽しい出来事であったwww

 

それから、何回か笹原さんから「ちょっと実験手伝ってくれる?」と、回線実験の御誘いを受け。その度に失敗。

笹原さん曰く。「兄貴がマジギレ寸前www」な状況にまで追い込まれていった。

 

流石にこれはあかんと、俺もスマホで“3DS モンハンダブルクロス 繋がらない ジェイコム”と検索してみると、どうやらジェイコム回線でモンハンダブルクロスが遊べて無い人が結構いる様で、またその解決方法も書いてあったのだ!

 

これを見た俺は、直ぐ様にこの情報を二人にリーク。すると、「ダブル回線だと?!」やら「ルーターを1つに」やら、ネットワーク事情に詳しく無い俺には何がなんだか良く分からない事を言われ、「兎に角夜ご飯食べたらこれを参考にやってみる!」と先程より、元気な口調で返してくれた。

 

そして、緊張の夜の部が始まった。

 

午後20時半。夕食を済ませた笹原さんから、準備できたの連絡が来た。

「とりあえず、起動させるルーターを1階の奴だけにしてみた!」そう言い、とにかく幾度かの起動実験を済ませた兄貴は「部屋(集会所)作ってあるから入ってきて!」と、少し不安げな声で言って来た。

 

俺は少しの緊急を胸に、いつものパスワードを打ち「パスワードが変更されてませんように!」と、軽くボケをかまして二人の待つオンライン集会所へ向かった。

 

・・・数分後。

 

「ひゃつほおおおおおお!!マルチプレイ楽しいいいいい!!!」

 

「兄貴ドドブランゴそっち行っあ、兄貴いいいいいいい!!!www」

 

「痛てぇwwwでも楽しいいいいい!!!」

 

と、3人で昼間の分を取り戻さんばかりにゲラゲラ笑いながら、俺の緊急クエをこなしていた!

そう!無事にマルチプレイが出来るようになったのである!!

 

で、その無事に解決した反動なのか、我々のテンションは異常なまでに高く。荒ぶるドドブランゴをまあ、ダメージを食らいながらもこれでもかとフルボッコにし、無事にクリアーしたのである!

 

「やっっっっっっと!ハンターランク2だあああああ!!!」

 

「本当にねwwwwww」

 

「お待たせwww

 

こうして、数々の困難を潜り抜け。なんとか全員ハンターランクを2に上げる事に成功した!

それから、ハプルポッカやナルガクルガ等と戦ったが、少し長くなったのでその内容は次回に持ち越しますwww

 

次回、俺がマジギレします!お楽しみに!

マルチプレイ最高wwwwww